最新情報

【オンラインメディアセミナー イベントレポート】
「脳寿命を延ばす いまの状態を把握し、対策を考える」~脳と腸からはじめる認知症予防の可能性~

40 代からの認知症リスク低減機構では 2021 年 8 月 27 日(金)、認知症への関心が高まる世界アルツハイマー月間(9月)や世界アルツハイマーデー(9/21)を前に、メディアセミナー『「脳寿命を延ばす いまの状態を把握し、対策を考える」~脳と腸からはじめる認知症予防の可能性~』をオンライン配信にて開催いたしました。

本セミナーでは代表世話人であり、アルツクリニック東京院長・順天堂大学医学部名誉教授の新井平伊、世話人で国立長寿医療研究センター もの忘れセンター 副センター長の佐治直樹、機構の協賛企業である森永乳業株式会社 研究本部 基礎研究所長の清水金忠より、認知症予防の現状や対策、また認知機能改善に関する脳と腸についての最新研究について講演いたしました。

PAGE TOP